ふるさとかかしへの想い



    徳島県東祖谷の最奥の集落で、この案山子に出会ったのは平成16年秋
    のこと。
    当時、徳島県に単身赴任していた私は休日は県内の山里巡りを楽しみ
    としていました。  祖谷の山里で車窓に 「野良仕事をしている人が・・・」
     と思ったのがこの案山子でした。
    度々この地を訪れるうちに製作者の綾野月美さんと親しくなり、東祖谷
    の住民有志と「徳島かかしの里」の立ち上げに係わっていましたが、
    平成20年に鳥取県に転勤したことを機に自らも製作を始めました。
    今までに製作した案山子は、鳥取県の若桜鉄道や郷里の「奥播磨かかし
    の里」
などに設置してきました。

    現在、私が設置している「奥播磨かかしの里」の案山子は昔懐かしい
     「ふるさと」 を思い起こさせる姿・形であることにこだわっており、
    有名人に似せたもの、アニメキャラクターなどの案山子はそのイメージ
    に合わないため設置しておりません。
    また、「案山子コンクール」などにも出品しておりません。
    設置場所についても、単に案山子を見てもらうのではなく、案山子
    のいる風景を見てもらうよう「案山子と風景の一体化」に心がけて
    います。


    日本の原風景が残る山里と、そこにたたずむ案山子たちに、皆様が
    ふるさとへの郷愁を感じ、心を癒していただければ幸いです。

                 平成22年3月    岡上 正人



Home