ホーム
 
昔懐かしい「ふるさとの原風景」がここにある!

奥播磨かかしの里

ふるさとかかしギャラリー

 
                  


        


   山里に佇む古民家に、昔の暮らしを案山子で再現しました。
  ほのぼのとした表情の案山子と、古時計やミシンなどの生活品、
  鍬などの農機具が遠い昔を思い起こさせます。


               


               

      ギャラリーは「奥播磨かかしの里」のある関集落にあります。
         入口では案山子が迎えてくれます。

         (かかしの里への案内は「奥播磨かかしの里」 のページをご覧ください。)



  

                  家には案山子の住人が暮らしています。


           
 
                      部屋から眺めるのどかな景色

  

       懐かしいミシンも健在です。


         



  

      昔、使われていた消防団服


  

                                   風呂はもちろん「五右衛門風呂」


               



  

                   懐かしい道具・農機具がそろっています。


                



  



          

                              昔、活躍した足踏みの脱穀機。



  

               建物だけではなく、周りの畑もギャラリーの一部です。

        



               


        



               

               秋はギャラリー一帯は一面のコスモス畑になります。


        



  



                



        




                




         



         

                    ジョウビタキも遊びにやってくる。


                



  


                 




 <ふるさとかかしギャラリーのご案内>

   いつでも見学できますが、屋内には入れません。(見学無料)
   屋内の案山子は庭先から見学いただきます。

   ギャラリーの場所は下記の「かかしマップ」をご覧ください。

   
奥播磨かかしの里 「ふるさとかかしマップ」 ・ ・ ・ kakashimap.pdf へのリンク

 


               このページのトップに戻る